10万円でできる本作り

新型コロナウイルスの緊急経済対策として1人当たり10万円の特別定額給付金が支給されました。
栄光書房では、この10万円の活用法として、形に残る「本」作りをご提案しています。
今までちょっと興味はあったけど、自費出版となると費用が気になって…とあきらめていた方。
実は10万円あれば、本を作ることができるのです。
給付金が支給された今がチャンス。この機会にぜひ、自分だけの本作りを楽しんでみませんか。

・自粛生活中に書きためた文章や作品を、本という形に残したい
・自分が生きた証を残すため、自分史を作りたい
・今までの感謝をこめて、親に自分史をプレゼントしたい     など。


10万円あれば、たとえばこんな本が作れます(サイズやページ数、部数は一例です。)

エッセイ、自分史、小説など
A5サイズ 80ページ 50部
歌集、句集、詩集など
A5サイズ 64ページ 100部
親の自分史(データ入稿の場合)
A4サイズ 16ページ中綴じ 20部

10万円で、できる限りご希望にそえるような仕様をご提案します。
まずはお気軽にお問い合わせください。

 メールでのお問い合わせ

「自費出版がよく分かる本」プレゼント
お客様の声
よくある質問
まめ知識
聴き取り原稿作成
無料相談
自分史講座

挨拶状印刷の専門店

あいさつ状ONLINE STORE

賞状印刷の専門店

賞状OnlineStore
ページ上部へ戻る