まめ知識

  1. おすすめ・自分史ノート 〜自分を見つめ直し、新しい時代を生きるために〜

    2019年5月、元号が平成から令和へと変わりました。新しい時代の幕開けとともに、平成、昭和という過去を振り返ってみた方も多いのではないでしょうか。過去を振り返ることは、未来につながります。そこでおすすめなのが、栄光書房発行の「自分史ノート」(改訂版)。

    続きを読む
  2. コラム・大切な人をしのぶ追悼集、遺稿集

    大切な方が亡くなるというのは、本当に悲しい出来事です。故人と過ごした日々や、一緒に体験した出来事など、いろいろなことが思い出されてくるでしょう。そんな時おすすめするのが、故人をしのんで作る追悼集です。追悼集とは、故人に近い方々が故人をしのんで書き記した文章をまとめたものです。

    続きを読む
  3. コラム・自費出版をおすすめする3つの理由

    あなただけの本作り。自費出版をおすすめする3つの理由をご紹介します。1.想いが形として残るので、未来に残せる─あなたの人生の歩み、内に秘めた思い、創作や研究の成果。本は、あなたの想いを形として残してくれます。

    続きを読む
  4. コラム・自費出版の相場ってどれくらい? 気になる料金のこと

    自費出版の相場ってどれくらい?本を出版するのに、一体いくらかかるの?自分の本を作りたいと思う時、まず気になるのが料金のことでしょう。しかし、自費出版の価格と言っても、一概にお答えすることはできません。

    続きを読む
  5. まめ知識・そもそも自費出版とは

    「本を出版する」というと、大手出版社、書店に並ぶ本、売れっ子人気作家…のようなイメージが浮かぶかもしれません。一般個人が本を出版するのは難しいと思われるかもしれません。でも、自分の本を作ることはそれほど大変なことではありません。

    続きを読む
  6. まめ知識・自費出版のスタート〜原稿作成のポイント

    繰り返し推敲を重ねよう原稿は、書き上がってから、何度も何度も読み返し、「もうこれ以上手を加えようがない」というくらい推敲を行いましょう。たまにこのプロセスを疎かにし、印刷会社に発注後、校正段階に入ってから推敲を始めてしまう人がいます。

    続きを読む
  7. まめ知識・本作りの前に押さえておきたい一般的な本の構成

    一般的な本の構成について、ご紹介します。本によっては、必要ないものもあります。前づけ扉書籍の中身の最初のページ。主に書籍名、著者名、出版社名を記します。表紙絵に模倣する場合や、本文との区別のため、紙を厚くする場合が多いです。

    続きを読む
  8. まめ知識・自費出版でよく使われる本のサイズ7選

    自費出版でよく使われる本のサイズをご紹介します。作りたい本に合わせてサイズをお選びください。下記の表以外の変形サイズにすることも可能です。

    続きを読む
  9. まめ知識・本を作る前に知っておきたい製本の種類

    ハードカバー(上製本)表紙に使う紙や布ををボール紙に張り、糸かがりや接着剤で本文を綴じる製本方法です。丈夫で高級感があります。
表紙部分は中身より3ミリほど大きくなります。ソフトカバー(並製本)本文で使用している紙より厚い紙を表紙として使用し、接着剤で本文を綴じる製本方法です。

    続きを読む
自費出版がよく分かる本
よくある質問
まめ知識
聴き取り原稿作成
無料相談
自分史講座

挨拶状印刷の専門店

あいさつ状ONLINE STORE

賞状印刷の専門店

賞状OnlineStore
ページ上部へ戻る