まめ知識

  1. 自費出版の見積もりのポイントは?

    自費出版を考えるときに、まず気になるのが費用のことです。値段が分かりにくい自費出版、一体いくらになるんだろう…そんな時は見積もりを依頼してみると良いでしょう。自費出版の見積もりを依頼するときのポイントをお伝えします。

    続きを読む
  2. ZINE(ジン)の作り方 〜好きな紙で、好きな色で、自己表現の楽しみ

    ZINE(ジン)とは、自分の好きなものを表現した自主制作物のこと。自分の「好き」を自由に表現できるのがZINEです。>>ZINE(ジン)とは?ZINEの作り方の手順としては1.テーマを設定する2.データを作成する3.印刷するという流れになります。

    続きを読む
  3. ZINE(ジン)とは? 〜あなたの「好き」をZINEで表現してみませんか

    ZINE(ジン)とは、自分の好きなものを表現した自主制作物のこと。広くいろんな人に自分の好きなものを知ってもらうための制作物です。なので形も自由。ページ数やサイズもいろいろです。冊子のものもあれば、一枚物のぺらっとした紙のものもあります。

    続きを読む
  4. おしゃれなフランス装

    こんな製本もあります。おしゃれなフランス装

    フランス装ってご存知ですか?本の装幀は、大きく分けてハードカバー(上製本)とソフトカバー(並製本)に分かれます。この中間にあたるのがフランス装です。印刷機が普及する前は、本はとても高価で、一部の貴族や大富豪のものでした。

    続きを読む
  5. 上製本

    まめ知識・本を作る前に知っておきたい製本の種類 〜上製本と並製本〜

    ハードカバー(上製本)表紙に使う紙や布ををボール紙に張り、糸かがりや接着剤で本文を綴じる製本方法です。丈夫で高級感があります。
表紙部分は中身より3ミリほど大きくなります。ソフトカバー(並製本)本文で使用している紙より厚い紙を表紙として使用し、接着剤で本文を綴じる製本方法です。

    続きを読む
  6. 自費出版をおすすめする3つの理由

    あなただけの本作り。自費出版をおすすめする3つの理由をご紹介します。1.想いが形として残るので、未来に残せる─あなたの人生の歩み、内に秘めた思い、創作や研究の成果。本は、あなたの想いを形として残してくれます。

    続きを読む
  7. 自分史ノート

    8月7日は自分史の日

    8月7日は、一般社団法人自分史活用推進協議会が制定する「自分史の日」です。8月は終戦記念日、お盆など、歴史や祖先について考える機会が多い月。

    続きを読む
  8. 大切な人をしのぶ追悼集、遺稿集

    コラム・大切な人をしのぶ追悼集、遺稿集

    大切な方が亡くなるというのは、本当に悲しい出来事です。故人と過ごした日々や、一緒に体験した出来事など、いろいろなことが思い出されてくるでしょう。そんな時おすすめするのが、故人をしのんで作る追悼集です。追悼集とは、故人に近い方々が故人をしのんで書き記した文章をまとめたものです。

    続きを読む
  9. 自費出版の相場ってどれくらい? 気になる料金のこと

    コラム・自費出版の相場ってどれくらい? 気になる料金のこと

    自費出版の相場ってどれくらい?本を出版するのに、一体いくらかかるの?自分の本を作りたいと思う時、まず気になるのが料金のことでしょう。しかし、自費出版の価格と言っても、一概にお答えすることはできません。

    続きを読む
ページ上部へ戻る