聴き取りによる原稿作成

原稿がなくても、本を作れます

本を作りたいと思っても、原稿がうまく書けずに途中で断念してしまう方も多いようです。
当社では、その原稿作りからお手伝い。
経験豊富なプロがお客様のお話をお聞きして、それをもとに執筆します。
インタビューといってもかしこまる必要はなく、楽しく思い出話をするような感じでよいのです。


ライター紹介
中田有博
金沢市出身。東京でコピーライター、作詞家として活動後、2011年にUターンして来ました。以降、「聴き書きすと」として本格的に自分史制作に携わり、これまでに20人以上の方のお手伝いをしました。様々な人生に触れられる幸せを感じています。「平凡な人生ですけど…」とおっしゃる方にも、感動のタネはたくさんあります。きちんと聞くまで、その人の本当の想いはわかりません。話してこそ輝く感動のタネを発掘し、ご家族や周りの方々に手渡すことができたらと願っています。

他にも数名のライターにご協力いただいています。
お客様の作成内容やご要望に合わせてご紹介いたします。


制作事例

  


聴き取りによる原稿作成の流れ

お打ち合わせ(約1時間~2時間)
まず、お書きになりたい本の概要・お客様のプロフィールなどをおうかがいします。
次に、聴き取りの方法についてご説明をした上で、スケジュールの調整を行います。
いろいろなアドバイスもさせていただきます。

聴き取り(1回2時間程度)
専門のライターがお話をお聞きします。
必要に応じて4~5回の聴き取りを行います。

原稿校正
初回聴き取り分のみ、原稿サンプルをご覧いただきます。
文章の書き方などにご要望がございましたら、その時にお申し付けください。
全体の原稿が出来上がりましたら、校正をしていただきます。

制作へ
原稿の校正が終了したら、いよいよ本の制作に入ります。

構想段階から、編集・制作・印刷まで安心してお任せください。
無料相談を受け付けています。
ご来社いただくか、アドバイザーが打ち合わせの上ご訪問させていただきます。
お電話や、メールでもかまいません。相談は無料です。(要予約)
些細なことでも遠慮なくお問い合わせ下さい。

 

「自費出版がよく分かる本」プレゼント
お客様の声
よくある質問
まめ知識
無料相談
自分史講座

挨拶状印刷の専門店

あいさつ状ONLINE STORE

賞状印刷の専門店

賞状OnlineStore
ページ上部へ戻る