句集・歌集・詩集を作りたい方へ

俳句や短歌、詩といった作品は、言葉をひとつひとつ選びぬいて作り上げていくもの。
自分の感性・メッセージが、そこに凝縮されています。
それだけに、装丁に凝ったものが多く、著者の思い入れが造本にも反映されています。


句集・歌集・詩集の作り方 自費出版アドバイザーによる解説動画はこちら▼


句集・歌集・詩集を作る流れ

句集・歌集・詩集を作る流れ


句集・歌集・詩集の参考価格

48ページ 50部 83,490円〜(スタンダードプラン
64ページ 100部 375,100円〜(デラックスプラン

 

 

関連作品

  1. 「幼年期(私の印・第十集)中谷直彦歌集」中谷直彦

    忙しい日々の中、ふと手にしたのはなつかしいアルバムだった。 幼年期の思い出や現在の介護生活をつづった歌集。

  2. 「詩集 流気になりたい」郁(ふみ)

    重い障害をもった女性の詩集。 苦しい時代の作品、前向きに生き始めてからの作品をまとめた。

  3. 「句集 山茶花」徳村二郎

    長年俳句を詠んできた著者の、5作目の句集。 主に後期の作品を選んで収録している。 色鮮やかな表紙の絵は娘によるもの。

ページ上部へ戻る