句集・歌集・詩集を作りたい方へ

俳句や短歌、詩といった作品は、言葉をひとつひとつ選びぬいて作り上げていくもの。
自分の感性・メッセージが、そこに凝縮されています。
それだけに、装丁に凝ったものが多く、著者の思い入れが造本にも反映されています。


句集・歌集・詩集の作り方

お問い合わせ

原稿をお持ちの方もまだの方も、まずはお気軽にお問い合わせください。
お電話(076-251-3076)でもメールでもかまいません。

無料相談・お見積もり

自費出版アドバイザーが丁寧に対応します。(相談は無料です。)
お電話やメールでの対応も可能です。
ご要望をお聞きし、仕様が決まればお見積もりをお出しします。

ご契約・原稿入稿

お見積もりの内容にご満足いただけましたらご契約となります。
ご希望に合わせてスケジュールを立てます。
原稿があればお送りください。データでも手書きでもOKです。

編集・デザイン・制作

原稿を拝見し編集します。
表紙を含め装丁(ブックデザイン)をご提案します。

校正・修正

校正(ゲラ刷り)をお送りします。
修正点などを朱書きでご記入ください。
ご希望に応じてPDFによる校正にも対応いたします。

印刷・製本・納品

最終校正が終わると(校了)いよいよ印刷・製本の工程です。
完成した本は、ご希望の場所に納品、発送いたします。
書店流通をご希望の方は、アドバイザーにご相談ください。


句集・歌集・詩集の参考価格

48ページ 50部 69,000円〜(スタンダードプラン
64ページ 100部 310,000円〜(デラックスプラン

 

関連作品

  1. 「歌集 冬の竹群」荒家信一

    旧国鉄の鉄道マンで新歌人社の荒家信一氏の遺歌集。 繊細な中にも鉄道マンらしい力強さと独特の視点が伺える作品。

  2. 「歌集 冬の海」樽見清松

    シベリア抑留や長男の遭難などの悲痛な体験。 その中にあっても「歌心」を忘れることなく詠み続けた歌をまとめた。

  3. 「歌集 冬青」南出美由紀

    日常の中のささやかな思いを拾い集めた歌集。 季節の移ろいや日々の出来事を優しくつづっている。

  4. 「実生(みしょう)」松本一男

    田畠を耕している日常には、何時もその時々の実生との感動の出会いがある。 こうした思いを詠んだ歌集。

  5. 「日常 俳句にこめて 四季の詩」村濱すすみ

    3才の孫娘の感覚に驚いた作者。孫娘と同じ目線で、いつも見ている風景を俳句にした。 対訳となる英語詩も創作した。

  6. 「歌集 秋桜(コスモス)」永井紀恵子

    長男誕生をきっかけに詠み始めた短歌。 新しい目で爽やかな風を心の中に吹かせたい、そんな思いが伝わる歌集。

「自費出版がよく分かる本」プレゼント
よくある質問
まめ知識
無料相談
自分史講座

挨拶状印刷の専門店

あいさつ状ONLINE STORE

賞状印刷の専門店

賞状OnlineStore
ページ上部へ戻る