【両親・祖父母へ】贈る自分史

10万円でできる! 両親・祖父母へ贈る自分史

節目となるお祝いに、贈る自分史

自分史というのは、自分の人生を振り返って文章にしたものです。
ご本人が普段から文章を書いておられる方でしたら、それをまとめて形にしてあげると喜ばれるでしょう。
ご家族でアルバムなどを見て思い出話をしながら、両親や祖父母の代わりに書いていくという方法もありますね。
家族の知らなかった話が飛び出すこともあり、面白いかもしれません。

思い出も、形にすれば素敵なプレゼントになるでしょう。
ご本人が喜ばれることはもちろん、それは家族にとっても大切な1冊になるはずです。


こんな時に贈ってみませんか?

  

長寿のお祝いには、61歳(満60歳)の還暦、70歳の古希、77歳の喜寿、80歳の傘寿、88歳の米寿、90歳の卒寿、99歳の白寿、 100歳の百寿などがあります。
母の日や父の日に、日頃の感謝を伝えるためにプレゼントするのもよいでしょう。
退職・退任の時期もひとつのタイミングかもしれません。

両親や祖父母の今の姿は知っていても、これまでどんな人生を歩んできたのかということは意外と知らないものです。
どんな子供時代を送ったのか、どんな仕事をしてきたのか…
お元気なうちにたくさん話を聞いてみませんか?

自分史作りをきっかけに、家族の会話と笑顔が増えることを願っています。


A4サイズ・16ページ中綴じ 10部 10万円(税込)

仕様

サイズ A4(210×297mm)
入稿形式 テキストデータ(Wordなど)画像データ(JPEGなど)
※文字入力、画像スキャニング、インタビューはオプションにて承ります。
校 正 1回(組版確認)  ※大幅な文字の修正、画像の変更などは別料金となります。
表紙・本文 オンデマンド印刷・カラー 用紙:マットコートなど
製 本 中綴じ

※仕様の変更は別料金にて承ります。


贈る自分史ができあがるまで

10万円でできる! 両親・祖父母へ贈る自分史  


贈る自分史・制作例

ご本人様の許諾を得て掲載しています


贈る自分史・テンプレート


表紙/2〜3ページ


4ページ以降/裏表紙

1ページ(表紙) 写真1点、目次
2-3ページ 見出し、リード文、写真2〜3点、文章(見開きで800字程度)
4-15ページ 見開きごとに、写真2〜8点、文章(見開きで800字程度)
※写真のみの構成も可能です。
16ページ(裏表紙) 写真1点

テキストデータ(Wordなど)、画像データ(JPEGなど)をご用意ください。
テンプレートをご希望の方は、お問い合わせください。問い合わせフォーム


贈る自分史・オプション

取材のみ(2時間程度・北陸3県以外はオンライン) 22,000円
原稿執筆 55,000円
取材(2時間程度・北陸3県以外はオンライン)+原稿執筆 66,000円
近影撮影(1時間程度・北陸3県のみ) 55,000円
プリント写真のスキャニング・調整 1枚につき 550円
手書き原稿の入力 原稿用紙1枚あたり 550円
レイアウト変更 1ページにつき 3,300円

お電話(076-251-3076)でもメールでも、お気軽にお問い合わせください。
栄光書房はあなたの本作りを応援します。

電話でのお問い合わせ 076-251-3076
問い合わせフォーム
お見積りフォーム
栄光書房チャンネル動画配信中
お客様の声
よくある質問
まめ知識
聴き取り原稿作成
無料相談
自分史講座
ページ上部へ戻る