随筆・小説を作りたい方へ

日々の生活の中で起こる出来事を、自分の感性で表現する随筆(エッセイ)。
フィクションの世界を構築してメッセージを伝える小説。
何をどう書いても自分の世界です。
旅の体験や思い出を記す紀行文もあります。


随筆・小説の作り方

お問い合わせ

原稿をお持ちの方もまだの方も、まずはお気軽にお問い合わせください。
お電話(076-251-3076)でもメールでもかまいません。

無料相談・お見積もり

自費出版アドバイザーが丁寧に対応します。(相談は無料です。)
お電話やメールでの対応も可能です。
ご要望をお聞きし、仕様が決まればお見積もりをお出しします。

ご契約・原稿入稿

お見積もりの内容にご満足いただけましたらご契約となります。
ご希望に合わせてスケジュールを立てます。
原稿があればお送りください。データでも手書きでもOKです。

編集・デザイン・制作

原稿を拝見し編集します。
表紙を含め装丁(ブックデザイン)をご提案します。

校正・修正

校正(ゲラ刷り)をお送りします。
修正点などを朱書きでご記入ください。
ご希望に応じてPDFによる校正にも対応いたします。

印刷・製本・納品

最終校正が終わると(校了)いよいよ印刷・製本の工程です。
完成した本は、ご希望の場所に納品、発送いたします。
書店流通をご希望の方は、アドバイザーにご相談ください。


随筆・小説の参考価格

48ページ 50部 69,000円〜(スタンダードプラン

 

関連作品

  1. 「薬学6年制の君たちへ ─そして17歳の私へ─」金田孝子

    40年間、薬剤師として活躍してきた著者が、新しいスタートを切る若者達へ送るメッセージ。

  2. 「能登詩情 ─漢詩で読む能登─」畑中 榮

    漢詩文をもとにした能登探訪を10年にわたって続けてきた著者が、その成果をまとめた1冊。

  3. 「3年1組 熊先生と子ども達」山根良夫

    著者自身が投影された熊先生。 子ども達への大切なメッセージがちりばめられた、ハートウォーミングな物語。

  4. 「心行ノート 正法立国論」金子知宏

    釈迦の教えである正法への思いを記した前著「心行ノート」から10年。 世間の状況を変えていくため、再び筆をとった。

  5. 「永世不戦国日本へ 〜一通の手紙から〜」北出睦子

    戦後生まれの著者が、現代の様々な状況を見て危惧する思いを記した。 あの戦争とは何だったのか、国とは、平和とは…。

  6. 「韓国駐在記『ケナリ』の女(ひと)」穂高 稔

    「近くて遠い国」韓国に駐在した原田。 そこで出会ったある女性と、展開していく物語。

「自費出版がよく分かる本」プレゼント
よくある質問
まめ知識
無料相談
自分史講座

挨拶状印刷の専門店

あいさつ状ONLINE STORE

賞状印刷の専門店

賞状OnlineStore
ページ上部へ戻る