随筆・小説を作りたい方へ

日々の生活の中で起こる出来事を、自分の感性で表現する随筆(エッセイ)。
フィクションの世界を構築してメッセージを伝える小説。
何をどう書いても自分の世界です。
旅の体験や思い出を記す紀行文もあります。


随筆・小説の作り方

お問い合わせ

原稿をお持ちの方もまだの方も、まずはお気軽にお問い合わせください。
お電話(076-251-3076)でもメールでもかまいません。

無料相談・お見積もり

自費出版アドバイザーが丁寧に対応します。(相談は無料です。)
お電話やメールでの対応も可能です。
ご要望をお聞きし、仕様が決まればお見積もりをお出しします。

ご契約・原稿入稿

お見積もりの内容にご満足いただけましたらご契約となります。
ご希望に合わせてスケジュールを立てます。
原稿があればお送りください。データでも手書きでもOKです。

編集・デザイン・制作

原稿を拝見し編集します。
表紙を含め装丁(ブックデザイン)をご提案します。

校正・修正

校正(ゲラ刷り)をお送りします。
修正点などを朱書きでご記入ください。
ご希望に応じてPDFによる校正にも対応いたします。

印刷・製本・納品

最終校正が終わると(校了)いよいよ印刷・製本の工程です。
完成した本は、ご希望の場所に納品、発送いたします。
書店流通をご希望の方は、アドバイザーにご相談ください。


随筆・小説の参考価格

48ページ 50部 69,000円〜(スタンダードプラン

 

関連作品

  1. 「ハーフタイム」藤田昌裕

    自動車関連の会社に勤めていた筆者が、毎月社内報に掲載していたコラムを1冊の本にまとめた。

  2. 「邪馬台国への道標」国津木嘉楽

    地元の石動山を道標にして、邪馬台国へ…。 石川県七尾市在住の著者が、大胆で楽しい説を展開する。

  3. 「続々々々・私の印 中谷直彦作文集」中谷直彦

    少年時代・青年時代のこと、自身のこだわり、家族との語らい。 作者の温かく優しい視点が素直に伝わる作文集、第5作。

  4. 「戦中戦後の思い出集 ─隊員の手記─」松本弥助

    山砲兵第五十一聯隊第九中隊の隊員の手記。 子孫に再び戦争を体験させたくないという思いでつづった、貴重な体験記。

  5. 「望春」北出睦子

    2018年2月、記録的な大雪となった北陸地方。 富山在住の著者が、社会に対する思いなどをつづった。

  6. 「続々・私の印 中谷直彦作文集」中谷直彦

    少年時代・青年時代のこと、自身のこだわり、家族との語らい。 作者の温かく優しい視点が素直に伝わる作文集、第3作。

お客様の声
よくある質問
まめ知識
無料相談
自分史講座

挨拶状印刷の専門店

あいさつ状ONLINE STORE

賞状印刷の専門店

賞状OnlineStore
ページ上部へ戻る