随筆・小説を作りたい方へ

日々の生活の中で起こる出来事を、自分の感性で表現する随筆(エッセイ)。
フィクションの世界を構築してメッセージを伝える小説。
何をどう書いても自分の世界です。
旅の体験や思い出を記す紀行文もあります。


随筆・小説の作り方


随筆・小説の参考価格

48ページ 50部 69,000円〜(スタンダードプラン

 

関連作品

  1. 「薬学6年制の君たちへ ─そして17歳の私へ─」金田孝子

    40年間、薬剤師として活躍してきた著者が、新しいスタートを切る若者達へ送るメッセージ。

  2. 「台湾駐在記 華僑の女(ひと)」穂高 稔

    目覚ましい発展をとげる台湾に仕事で駐在した原田。 そこで出会った女性「愛」との、日記風小説。

  3. 「叫び・番外編(私の印・第十四集)中谷直彦作品集」中谷直彦

    歌集「叫び」と同時に番外編としてまとめたもの。 散文など、若い年代に執筆したものも含めて編集した。

  4. 「望春」北出睦子

    2018年2月、記録的な大雪となった北陸地方。 富山在住の著者が、社会に対する思いなどをつづった。

  5. 「書棚から(私の印・第九集)中谷直彦作品集」中谷直彦

    書棚を整理していたら出てきた古い原稿束。 それは、なつかしい学生時代のレポート類であった。

  6. 「東風に吹かれて」福野勝彦

    石川県の風土を取材したエッセイ集。 昔も今も変えてはならない自然と人の関わりを、混迷の平成に問いかける。

「自費出版がよく分かる本」プレゼント
よくある質問
まめ知識
無料相談
自分史講座

挨拶状印刷の専門店

あいさつ状ONLINE STORE

賞状印刷の専門店

賞状OnlineStore
ページ上部へ戻る