追悼集・遺稿集を作りたい方へ

親族の方や親しい友人が、亡くなられたあとに故人をしのんで、追悼集をつくる場合があります。
また、遺品を整理する中で、故人が残していた随筆や絵、詩歌が見つかり、遺稿集としてまとめる方もおられます。
故人への供養として、一周忌や三回忌などの区切りに発行される場合が多いようです。


追悼集・遺稿集の作り方 自費出版アドバイザーによる解説動画はこちら▼

追悼集・遺稿集を作る流れ

追悼集の作り方


追悼集の参考価格

48ページ 50部 83,490円〜(スタンダードプラン
64ページ 100部 375,100円〜(デラックスプラン

 

関連作品

  1. 「日本縦断 ゆっくり自転車旅行」平井泰廣

    人との出会い、自然からの学び、家族の支え… 63歳からの日本縦断自転車旅行の記録を1冊にまとめた。

  2. 「能登の華 能里子先生の思い出」佐藤能里子先生を偲ぶ会

    佐藤先生の働く姿に憧れ尊敬していた編集者が、遺族の方にも先生の活躍を知って欲しいという願いからまとめた追悼集。

  3. 「Sentimental Crows」片岡多佳子

    時は1930年代、アメリカのとある裏町にたたずむ「ホテル・センチメンタル」には いわくありげな男女が出入りしていた… レトロで大人のムードを持つハードボイルドな人形の作品集。

ページ上部へ戻る