自分史を作りたい方へ

自分の歩いてきた道を振り返り、生きてきた記録を文章にする。自分史はまさに人生の報告書です。
生い立ちから現在までを、その時々の社会背景と重ね合わせながらつづるのが一般的です。
一生の中で最大のヤマ場といえる部分だけに照準を当てて書く場合(体験記)もあります。
感じたままを素直に書くことが大切かもしれません。


自分史の作り方

お問い合わせ

原稿をお持ちの方もまだの方も、まずはお気軽にお問い合わせください。
お電話(076-251-3076)でもメールでもかまいません。

無料相談・お見積もり

自費出版アドバイザーが丁寧に対応します。(相談は無料です。)
お電話やメールでの対応も可能です。
ご要望をお聞きし、仕様が決まればお見積もりをお出しします。

ご契約・原稿入稿

お見積もりの内容にご満足いただけましたらご契約となります。
ご希望に合わせてスケジュールを立てます。
原稿があればお送りください。データでも手書きでもOKです。

編集・デザイン・制作

原稿を拝見し編集します。
表紙を含め装丁(ブックデザイン)をご提案します。

校正・修正

校正(ゲラ刷り)をお送りします。
修正点などを朱書きでご記入ください。
ご希望に応じてPDFによる校正にも対応いたします。

印刷・製本・納品

最終校正が終わると(校了)いよいよ印刷・製本の工程です。
完成した本は、ご希望の場所に納品、発送いたします。
書店流通をご希望の方は、アドバイザーにご相談ください。


自分史の参考価格

48ページ 50部 69,000円〜(スタンダードプラン

 

関連作品

  1. 「私が過ごした第三の人生 ~それでもこの世は美しい~」北山元昭

    18年間開業していた医院を56才で廃業した著者。 自身の〝第三の人生〟を振り返り、思い出をまとめた。

  2. 「悲しき青春の思い出」越野民男

    92歳になっても、青春時代を捕虜として過ごした記憶は、今も頭を離れることはない…。 シベリア抑留体験記。

  3. 「続・歩く影」櫻井省吾

    前作「歩く影」に続く2作目。 特に、人生の中心とも言うべき昭和時代に焦点を絞り、回顧した。

  4. 「捕虜専用病院悲話」越野民男

    医師であった筆者が、シベリアの捕虜専用病院に抑留されていた時の実話を物語ふうにまとめたもの。

  5. 「一本の大桐」的場定雄

    ある実業家の、恵まれない生い立ちから、事業の始まり、発展、そして斜陽。 家族史としても貴重な1冊。

  6. 「水干心旅」大津賀則男

    長年、下水道に関わる仕事に携わってきた著者。 失敗を恐れず切り開いてきた人生を、プロのライターが聴き取りで執筆した。

お客様の声
よくある質問
まめ知識
無料相談
自分史講座

挨拶状印刷の専門店

あいさつ状ONLINE STORE

賞状印刷の専門店

賞状OnlineStore
ページ上部へ戻る