自分史を作りたい方へ

自分の歩いてきた道を振り返り、生きてきた記録を文章にする。
自分史(自伝・自叙伝)はまさに人生の報告書です。
生い立ちから現在までを、その時々の社会背景と重ね合わせながらつづるのが一般的です。
一生の中で最大のヤマ場といえる部分だけに照準を当てて書く場合(体験記)もあります。
感じたままを素直に書くことが大切かもしれません。


テンプレートで作る「らくらく自分史」はこちら▼

テンプレートで作るらくらく自分史


自分史の書き方 自費出版アドバイザーによる解説動画はこちら▼


自分史を作る流れ

自分史を作る流れ


自分史の参考価格

48ページ 50部 83,490円〜(スタンダードプラン

 

関連作品

  1. 「いろぬき屋 ─川の畔の少年時代─」太田 收

    私の少年時代は、犀川の畔がすべての世界と言っても過言ではない─ 犀川の畔で過ごした少年時代の戦後の世相と思い出。

  2. 「一期一会」中橋康弘

    退職を機に、長年にわたる原稿や記録・写真等を1冊の自分史としてまとめた。

  3. 「水干心旅」大津賀則男

    長年、下水道に関わる仕事に携わってきた著者。 失敗を恐れず切り開いてきた人生を、プロのライターが聴き取りで執筆した。

ページ上部へ戻る