郷土史を作りたい方へ

今まで調べてきた郷土の歴史。ぜひ1冊の本にまとめましょう。
長い時間をかけて取り組んできた事柄をまとめた作品は、後進の方々へのかけがえのない贈り物となるはずです。


郷土史作りのヒント 解説動画はこちら▼(栄光書房チャンネル)

郷土史を作る流れ

郷土史を作る流れ


郷土史の参考価格

48ページ 50部 83,490円〜(スタンダードプラン
64ページ 100部 375,100円〜(デラックスプラン

 

関連作品

  1. 「ふるさと上田の歩み 能登・上田区誌」上田区

    石川県羽咋郡宝達志水町、上田区の歴史をまとめた作品。 施設、寺社、人物、農事、民俗などについて詳しく記述されている。

  2. 「東風に吹かれて」福野勝彦

    石川県の風土を取材したエッセイ集。 昔も今も変えてはならない自然と人の関わりを、混迷の平成に問いかける。

  3. 「能登詩情 ─漢詩で読む能登─」畑中 榮

    漢詩文をもとにした能登探訪を10年にわたって続けてきた著者が、その成果をまとめた1冊。

ページ上部へ戻る