自分史

  1. 発刊できたことで成就感を味わった(随筆/80代男性・石川県)

    昨年以来コロナ禍で外出行動自粛、また妻の長期入院で面会不可が続いた。趣味の仲間とも疎遠となりシングルライフが続いた時、家の中で何かしなければと考えたとき、妻が長年にわたり手がけていた同人誌があり、本人の文章を抜粋してまとめることを思い立ったのがきっかけ。

    続きを読む
  2. 【敬老の日】長寿のお祝いに「自分史」を

    2021年9月20日は敬老の日です。長寿のお祝いには、還暦・古希・喜寿・傘寿・米寿・卒寿・白寿・百寿といろいろありますね。節目となるお祝いに、何か記念に残るプレゼントを探している…そんな方は、自分史を贈ってみるのはいかがでしょうか。

    続きを読む
  3. 【父の日】プレゼントに、自分史ノートを

    2021年の父の日は、6月20日(日)です。母の日に比べ、何かと忘れられがちな父の日。今年はちょっと変わったプレゼントをしてみませんか。おすすめは、こちらの「自分史ノート」(定価800円+税)。

    続きを読む
  4. 創業50周年記念キャンペーン・第1弾

    2021年4月〜6月見積もりフォームでお見積もりされた方に自分史ノートプレゼント!この「自分史ノート」は、用意された質問に答えていくと、順序だてた自分史ができあがるというものです。自分の歴史を振り返っていくことで、これからの生き方のヒントが見つかるかもしれません。

    続きを読む
  5. コラム・自費出版をおすすめする3つの理由

    あなただけの本作り。自費出版をおすすめする3つの理由をご紹介します。1.想いが形として残るので、未来に残せる─あなたの人生の歩み、内に秘めた思い、創作や研究の成果。本は、あなたの想いを形として残してくれます。

    続きを読む
  6. コラム・8月7日は自分史の日

    8月7日は、一般社団法人自分史活用推進協議会が制定する「自分史の日」です。8月は終戦記念日、お盆など、歴史や祖先について考える機会が多い月。

    続きを読む
  7. コラム・大切な人をしのぶ追悼集、遺稿集

    大切な方が亡くなるというのは、本当に悲しい出来事です。故人と過ごした日々や、一緒に体験した出来事など、いろいろなことが思い出されてくるでしょう。そんな時おすすめするのが、故人をしのんで作る追悼集です。追悼集とは、故人に近い方々が故人をしのんで書き記した文章をまとめたものです。

    続きを読む
  8. まめ知識・自費出版でよく使われる本のサイズ7選

    自費出版でよく使われる本のサイズをご紹介します。作りたい本に合わせてサイズをお選びください。下記の表以外の変形サイズにすることも可能です。

    続きを読む
  9. 2018年の自費出版

    2018年も、心を込めて本作りのお手伝いをさせていただきました。楽しい旅日記、ひとりの女性の想い、人生が凝縮された自分史、壮絶な介護の記録…それぞれの想いがこもった、大切な本が仕上がりました。

    続きを読む
自費出版がよく分かる本
よくある質問
まめ知識
聴き取り原稿作成
無料相談
自分史講座
ページ上部へ戻る