,

「春耕 中野すみ枝遺歌集」中野すみ枝

48年間連れ添った妻を突然の事故で亡くした夫。
妻が長年趣味として続けていた短歌を遺歌集としてまとめた。
いつか歌集を出したいと言っていた妻の願いが形となった。

発行:2003年1月4日
非売品

 

関連作品

  1. 「日常 俳句にこめて 四季の詩」村濱すすみ

    3才の孫娘の感覚に驚いた作者。孫娘と同じ目線で、いつも見ている風景を俳句にした。 対訳となる英語詩も創作した。

  2. 「Activityに魅せられて 関昌家先生記念誌」関先生記念誌編集委員会

    金沢大学医学部で長く作業療法の研究者として活躍し「ノーベル賞に最も近い人物」と評された、関昌家先生の記念誌。

  3. 「叫び (私の印・第十三集)中谷直彦歌集」中谷直彦

    初心に返り、短歌を勉強し直した著者。 妻の介護の日々や、心の内にある叫びなど、短歌をテーマごとにまとめた。

ページ上部へ戻る