,

「春耕 中野すみ枝遺歌集」中野すみ枝

48年間連れ添った妻を突然の事故で亡くした夫。
妻が長年趣味として続けていた短歌を遺歌集としてまとめた。
いつか歌集を出したいと言っていた妻の願いが形となった。

発行:2003年1月4日
非売品

 

関連作品

  1. 「詩集 風の理由」片口直紀

    時間というものを感覚するときわたしは風と風という言葉で、あるいは言葉と言葉という抽象で感触していたのかもしれない…

  2. 「歌集 冬青」南出美由紀

    日常の中のささやかな思いを拾い集めた歌集。 季節の移ろいや日々の出来事を優しくつづっている。

  3. 「句集 山茶花」徳村二郎

    長年俳句を詠んできた著者の、5作目の句集。 主に後期の作品を選んで収録している。 色鮮やかな表紙の絵は娘によるもの。

ページ上部へ戻る