「愛、祈り」西谷芳子

知的障害を持つ2人の我が子の子育てを契機として、戦後障害児福祉に尽力してきた著者。
その健闘の日々を、簡潔にそして真摯に記録している。
一家庭における戦前の空気や生活の様子がかいま見え、歴史的資料としても貴重な内容となっている。

発行:2002年9月25日
非売品

 

関連作品

  1. 「一本の大桐」的場定雄

    ある実業家の、恵まれない生い立ちから、事業の始まり、発展、そして斜陽。 家族史としても貴重な1冊。

  2. 「道ひとすじ ~あやまちは、教財~」従二喜一

    聴き取りによる原稿作成で、90年の歴史をしっかりとまとめた。 教師としてのエピソード、叙勲の思い出などが語られている。

  3. 「捕虜雑記(総集篇)」越野民男

    医師としてのシベリア抑留の体験記。あのような戦争を二度と起こしてはならないという願いが込められている。

ページ上部へ戻る