「愛、祈り」西谷芳子

知的障害を持つ2人の我が子の子育てを契機として、戦後障害児福祉に尽力してきた著者。
その健闘の日々を、簡潔にそして真摯に記録している。
一家庭における戦前の空気や生活の様子がかいま見え、歴史的資料としても貴重な内容となっている。

発行:2002年9月25日
非売品

 

関連作品

  1. 「一期一会」中橋康弘

    退職を機に、長年にわたる原稿や記録・写真等を1冊の自分史としてまとめた。

  2. 「私が過ごした第三の人生 ~それでもこの世は美しい~」北山元昭

    18年間開業していた医院を56才で廃業した著者。 自身の〝第三の人生〟を振り返り、思い出をまとめた。

  3. 「歩く影」櫻井省吾

    青年期・壮年期の、様々な体験や学びから得た所感をまとめた自分史。 友人達からも温かな寄稿が寄せられた。

ページ上部へ戻る