「道ひとすじ ~あやまちは、教財~」従二喜一

人生も終盤になり、これまでの歩みを記録として残したい…そう願った著者。
聴き取りによる原稿作成で、90年の歴史をしっかりとまとめた。
家督を守るため養子に行ったこと、高校教師としてのエピソード、叙勲の思い出などが語られている。

発行:2015年12月30日
非売品

 

関連作品

  1. 「悲しき青春の思い出」越野民男

    92歳になっても、青春時代を捕虜として過ごした記憶は、今も頭を離れることはない…。 シベリア抑留体験記。

  2. 「歩く影」櫻井省吾

    青年期・壮年期の、様々な体験や学びから得た所感をまとめた自分史。 友人達からも温かな寄稿が寄せられた。

  3. 自分史を作りたい方へ

    自分の歩いてきた道を振り返り、生きてきた記録を文章にする。 自分史はまさに人生の報告書です。

ページ上部へ戻る