「いろぬき屋 ─川の畔の少年時代─」太田 收

私の少年時代は、犀川の畔がすべての世界と言っても過言ではない─
犀川の畔で過ごした少年時代の戦後の世相と思い出。

発行:2019年3月10日
非売品

 

関連作品

  1. 「悲しき青春の思い出」越野民男

    92歳になっても、青春時代を捕虜として過ごした記憶は、今も頭を離れることはない…。 シベリア抑留体験記。

  2. 「捕虜雑記(総集篇)」越野民男

    医師としてのシベリア抑留の体験記。あのような戦争を二度と起こしてはならないという願いが込められている。

  3. 「続・歩く影」櫻井省吾

    前作「歩く影」に続く2作目。 特に、人生の中心とも言うべき昭和時代に焦点を絞り、回顧した。

ページ上部へ戻る