「幸せのみちしるべ」紀伊國屋安詳(松田かこ・みやけひふみ)

どう生きるかを考えるための道標(みちしるべ)。
編者二人が著者の言葉を選びイラストをつけて読みやすく編集した。
やさしいながらも考えさせられる言葉が光る。

発行:2023年5月10日
定価:1,870円(税込)
ISBN:978-4-908739-12-5

 

関連作品

  1. 「詩集 風の理由」片口直紀

    時間というものを感覚するときわたしは風と風という言葉で、あるいは言葉と言葉という抽象で感触していたのかもしれない…

  2. 「蛍火 (私の印・第十六集)中谷直彦歌集」中谷直彦

    80歳から86歳の作品をまとめた歌集。 巻末に、番外編として既刊の作品集より陶芸、篆刻、押し葉、写真等も収録。

  3. 「歌集 冬の海」樽見清松

    シベリア抑留や長男の遭難などの悲痛な体験。 その中にあっても「歌心」を忘れることなく詠み続けた歌をまとめた。

ページ上部へ戻る