「車椅子のうた (私の印・第十五集)中谷直彦歌集」中谷直彦

歩行困難となっても、あきらめることなく詠み続けた短歌。
車椅子から見る日々の移ろい、よみがえる少年時代の思い出などを素直な言葉でつづっている。

発行:2016年4月1日
非売品

 

関連作品

  1. 「歌集 冬の竹群」荒家信一

    旧国鉄の鉄道マンで新歌人社の荒家信一氏の遺歌集。 繊細な中にも鉄道マンらしい力強さと独特の視点が伺える作品。

  2. 「句集 虹二重」徳村二郎

    長年俳句を詠んできた著者の、4作目の句集。 前書きや説明を多くして、句の奥行きを深めている。

  3. 「歌編集 ふるさとのすみれに記るす」高畠一男

    短歌一首につき、それにかかわるエッセイを載せたり、仲間からの寄稿文をまとめたりしている。

  4. 句集・歌集・詩集を作りたい方へ

    句集・歌集・詩集は、言葉をひとつひとつ選びぬいて作り上げていくもの。 自分の感性・メッセージが、そこに凝縮されています。

  5. 「実生(みしょう)」松本一男

    田畠を耕している日常には、何時もその時々の実生との感動の出会いがある。 こうした思いを詠んだ歌集。

  6. 「山川草木 (私の印・第十二集)中谷直彦歌集」中谷直彦

    妻の介護をしながら作歌に励む著者の、8作目の歌集。 日々の生活、思い出、季節の移り変わりなどを詠んでいる。

「自費出版がよく分かる本」プレゼント
よくある質問
まめ知識
無料相談
自分史講座

挨拶状印刷の専門店

あいさつ状ONLINE STORE

賞状印刷の専門店

賞状OnlineStore
ページ上部へ戻る