「車椅子のうた (私の印・第十五集)中谷直彦歌集」中谷直彦

歩行困難となっても、あきらめることなく詠み続けた短歌。
車椅子から見る日々の移ろい、よみがえる少年時代の思い出などを素直な言葉でつづっている。

発行:2016年4月1日
非売品

 

関連作品

  1. 「句集 山茶花」徳村二郎

    長年俳句を詠んできた著者の、5作目の句集。 主に後期の作品を選んで収録している。 色鮮やかな表紙の絵は娘によるもの。

  2. 「日常 俳句にこめて 四季の詩」村濱すすみ

    3才の孫娘の感覚に驚いた作者。孫娘と同じ目線で、いつも見ている風景を俳句にした。 対訳となる英語詩も創作した。

  3. 「実生」松本一男

    田畠を耕している日常には、何時もその時々の実生との感動の出会いがある。 こうした思いを詠んだ歌集。

ページ上部へ戻る