「山川草木 (私の印・第十二集)中谷直彦歌集」中谷直彦

妻の介護をしながら作歌に励む著者の、8作目の歌集。
妻との日々の生活、なつかしい思い出、季節の移り変わりなどを詠んでいる。

発行:2014年4月10日
非売品

 

関連作品

  1. 「詩集 風の理由」片口直紀

    時間というものを感覚するときわたしは風と風という言葉で、あるいは言葉と言葉という抽象で感触していたのかもしれない…

  2. 「句集 虹二重」徳村二郎

    長年俳句を詠んできた著者の、4作目の句集。 前書きや説明を多くして、句の奥行きを深めている。

  3. 「歌集 秋桜(コスモス)」永井紀恵子

    長男誕生をきっかけに詠み始めた短歌。 新しい目で爽やかな風を心の中に吹かせたい、そんな思いが伝わる歌集。

ページ上部へ戻る