「自選句集 雁」田中登美

戦中戦後のさなか、青春時代に出会った俳句。
日記がわりの俳句で、当時の日々が生き生きと蘇る。
布クロス貼り上製本・箔押し・化粧箱入り。

発行:2000年7月15日
非売品

 

関連作品

  1. 「Lovely Life」織田兼太朗

    著者が、自身のフェイスブックのページでつづってきたポエムをまとめた詩集。 前作から3年、コロナ禍で感じた1000日分の想い。

  2. 「日常 俳句にこめて 四季の詩」村濱すすみ

    3才の孫娘の感覚に驚いた作者。孫娘と同じ目線で、いつも見ている風景を俳句にした。 対訳となる英語詩も創作した。

  3. 「卒寿の声 南方宝作川柳句集」南方宝作

    卒寿の記念にと、今まで川柳会で発表してきたものをまとめた。 ユーモアを交えながら詠んだ句が並ぶ。

ページ上部へ戻る