「自選句集 雁」田中登美

戦中戦後のさなか、青春時代に出会った俳句。
日記がわりの俳句で、当時の日々が生き生きと蘇る。
布クロス貼り上製本・箔押し・化粧箱入り。

発行:2000年7月15日
非売品

 

関連作品

  1. 「歌集 朝日のように」中谷直彦

    柔和な、温かな作品が多数を占め、印象が前作と大きく変化。 家族への愛情を歌った作品が巧み。

  2. 「Lovely Life」織田兼太朗

    著者が、自身のフェイスブックのページでつづってきたポエムをまとめた詩集。 前作から3年、コロナ禍で感じた1000日分の想い。

  3. 「詩集 風の理由」片口直紀

    時間というものを感覚するときわたしは風と風という言葉で、あるいは言葉と言葉という抽象で感触していたのかもしれない…

ページ上部へ戻る