「書棚から(私の印・第九集)中谷直彦作品集」中谷直彦

書棚を整理していたら出てきた古い原稿束。それは、なつかしい学生時代のレポート類であった。
他に、郵便局員として勤めていた時の朝礼スピーチの録音記なども収録。

発行:2011年11月30日
非売品

 

関連作品

  1. 「拈華微笑 難病妻介護の記」土屋節雄

    難病を患った妻を長年介護してきた著者。 妻の難病が発覚してから十数年にわたっての介護の記録。

  2. 「永世不戦国日本へ 〜一通の手紙から〜」北出睦子

    戦後生まれの著者が、現代の様々な状況を見て危惧する思いを記した。 あの戦争とは何だったのか、国とは、平和とは…。

  3. 「85歳になって教えられること」梶 義伸

    日頃感じている、長寿社会に向かっての願い、生活態度、心がまえ等。 85歳の筆者の思いがつづられている。

ページ上部へ戻る