「書棚から(私の印・第九集)中谷直彦作品集」中谷直彦

書棚を整理していたら出てきた古い原稿束。それは、なつかしい学生時代のレポート類であった。
他に、郵便局員として勤めていた時の朝礼スピーチの録音記なども収録。

発行:2011年11月30日
非売品

 

関連作品

  1. 「続々々々・私の印 中谷直彦作文集」中谷直彦

    少年時代・青年時代のこと、自身のこだわり、家族との語らい。 作者の温かく優しい視点が素直に伝わる作文集、第5作。

  2. 「偽りに満ちた世界の屋上で」今井ゆいな

    人は完璧ではないし、ものの見方も無数にある。良いことと悪いこと、希望と絶望はいつも紙一重のところにある── 大学で心理学を学ぶ筆者が、自分の思考を見つめ直し、聴き取りによる原稿作成でまとめた1冊。

  3. 「薬学6年制の君たちへ ─そして17歳の私へ─」金田孝子

    40年間、薬剤師として活躍してきた著者が、新しいスタートを切る若者達へ送るメッセージ。

電話でのお問い合わせ 076-251-3076
問い合わせフォーム
お見積りフォーム
両親・祖父母へ贈る自分史
お客様の声
よくある質問
まめ知識
聴き取り原稿作成
無料相談
自分史講座
栄光書房チャンネル動画配信中
ページ上部へ戻る