「心行ノート 正法立国論」金子知宏

釈迦の教えである正法への思いを記した前著「心行ノート」から10年。世間には閉塞感が広がる。
この状況を変えていくのは正法だという思いにかられ、再び筆をとった。
国家論、日米外交や歴史などについて論じている。

発行:2012年4月19日
定価:1,000円
ISBN:078-4-900498-14-3

 

関連作品

  1. 「能登詩情 ─漢詩で読む能登─」畑中 榮

    漢詩文をもとにした能登探訪を10年にわたって続けてきた著者が、その成果をまとめた1冊。

  2. 「ハーフタイム」藤田昌裕

    自動車関連の会社に勤めていた筆者が、毎月社内報に掲載していたコラムを1冊の本にまとめた。

  3. 随筆・エッセイを作りたい方へ

    日々の生活の中の出来事を表現する随筆(エッセイ)。 フィクションの世界を構築する小説。 何をどう書いても自分の世界です。

  4. 「ガムシャラ四国巡礼記」沼田幸次

    東日本大震災を受け、お遍路の満足行に参加した著者。 被災された方々の鎮魂と家族の健康を願っての遍路の旅の記録。

  5. 「戦中戦後の思い出集 ─隊員の手記─」松本弥助

    山砲兵第五十一聯隊第九中隊の隊員の手記。 子孫に再び戦争を体験させたくないという思いでつづった、貴重な体験記。

  6. 「拈華微笑 難病妻介護の記」土屋節雄

    難病を患った妻を長年介護してきた著者。 妻の難病が発覚してから十数年にわたっての介護の記録。

「自費出版がよく分かる本」プレゼント
よくある質問
まめ知識
無料相談
自分史講座

挨拶状印刷の専門店

あいさつ状ONLINE STORE

賞状印刷の専門店

賞状OnlineStore
ページ上部へ戻る