「一期一会」中橋康弘

退職を機に、長年にわたる原稿や記録・写真等を1冊の自分史としてまとめた。
一期一会…人との出会いを大切にし、感謝しながら歩んできた筆者。
仕事の記録のほか、趣味の野球・ソフトボール、お酒、家庭菜園など、読み応えのある内容となっている。

発行:2023年4月20日
非売品

 

関連作品

  1. 「捕虜専用病院悲話」越野民男

    医師であった筆者が、シベリアの捕虜専用病院に抑留されていた時の実話を物語ふうにまとめたもの。

  2. 「道ひとすじ ~あやまちは、教財~」従二喜一

    聴き取りによる原稿作成で、90年の歴史をしっかりとまとめた。 教師としてのエピソード、叙勲の思い出などが語られている。

  3. 「悲しき青春の思い出」越野民男

    92歳になっても、青春時代を捕虜として過ごした記憶は、今も頭を離れることはない…。 シベリア抑留体験記。

ページ上部へ戻る