「老後の思索の旅から 〜小文とソ連抑留・回想詩〜」宮井盈夫

前半には、30年近くの歳月の間に感じた自身のこと、世相への思いなど、新聞に投稿してきたものをまとめた。
後半の「ソ連抑留・回想詩」では抑留当時の祖国や家族への思いなどを詩として綴った。
戦争を知らずに生きている世代にむけて、大変貴重な言葉を残している。

発行:2008年8月20日
非売品

 

関連作品

  1. 「野の花の葉に」岡野葉子

    教職を退職してから同人誌作りを始めた筆者。 幼少期から教職時代・定年退職後の生活、旅の記録など、今までに寄稿してきたものを夫が編集し1冊にまとめた。

  2. 「続々々々・私の印 中谷直彦作文集」中谷直彦

    少年時代・青年時代のこと、自身のこだわり、家族との語らい。 作者の温かく優しい視点が素直に伝わる作文集、第5作。

  3. 「白衣と花と」横山 芳

    戦前・戦後と、48年の長きにわたり、看護婦として奮闘してきた著者。 人々とのふれあいや、自然への憧憬を綴った。

ページ上部へ戻る