,

「邪馬台国への道標」国津木嘉楽

邪馬台国の所在地といえば九州や近畿が有力な説とされているが、詳しいことはわかっていない。
そこで七尾在住の著者が、地元の石動山を道標にして邪馬台国へたどり着くという、大胆で楽しい説を展開する。
古代史への興味をかきたてる作品。

発行:2009年2月25日
定価:3,000円

 

関連作品

  1. 「清貧一徹 ~祖父・田中米太郎の物語~」角橋 貞

    大好きだった祖父と過ごした日々。 当時の印象的なエピソードを、聴き取りによる原稿作成でまとめた。

  2. 「ハーフタイム」藤田昌裕

    自動車関連の会社に勤めていた筆者が、毎月社内報に掲載していたコラムを1冊の本にまとめた。

  3. 「心行ノート 正法立国論」金子知宏

    釈迦の教えである正法への思いを記した前著「心行ノート」から10年。 世間の状況を変えていくため、再び筆をとった。

ページ上部へ戻る