,

「東海道だよっ! ─平成五十三次─」植松正之

弥次さん喜多さんが東海道を旅したのは、今からほぼ二百年。
その東海道五十三次の旅を、江戸の道筋のまま歩こうと思い立った筆者が、ほぼ1年がかりで全ての宿場と街道を踏破した。
軽快な文体でつづる旅日記。
電子書籍(Kindle)はAmazonにて100円で販売中。 http://amzn.asia/d/8bJDG2n

発行:2014年3月1日
定価:1,800円+税

 

関連作品

  1. 「白衣と花と」横山 芳

    戦前・戦後と、48年の長きにわたり、看護婦として奮闘してきた著者。 人々とのふれあいや、自然への憧憬を綴った。

  2. 「85歳になって教えられること」梶 義伸

    日頃感じている、長寿社会に向かっての願い、生活態度、心がまえ等。 85歳の筆者の思いがつづられている。

  3. 「のんびりゆったり三道中」植松正之

    旧街道歩きを楽しむ著者が、甲州道中・日光道中・奥州道中を歩く。 軽快な文体と、自身のスケッチも添えてつづる旅日記。

  4. 「清貧一徹 ~祖父・田中米太郎の物語~」角橋 貞

    大好きだった祖父と過ごした日々。 当時の印象的なエピソードを、聴き取りによる原稿作成でまとめた。

  5. 「能登詩情 ─漢詩で読む能登─」畑中 榮

    漢詩文をもとにした能登探訪を10年にわたって続けてきた著者が、その成果をまとめた1冊。

  6. 「戦中戦後の思い出集 ─隊員の手記─」松本弥助

    山砲兵第五十一聯隊第九中隊の隊員の手記。 子孫に再び戦争を体験させたくないという思いでつづった、貴重な体験記。

「自費出版がよく分かる本」プレゼント
お客様の声
よくある質問
まめ知識
聴き取り原稿作成
無料相談
自分史講座
ページ上部へ戻る