,

「東海道だよっ! ─平成五十三次─」植松正之

弥次さん喜多さんが東海道を旅したのは、今からほぼ二百年。
その東海道五十三次の旅を、江戸の道筋のまま歩こうと思い立った筆者が、ほぼ1年がかりで全ての宿場と街道を踏破した。
軽快な文体でつづる旅日記。
電子書籍(Kindle)はAmazonにて100円で販売中。 http://amzn.asia/d/8bJDG2n

発行:2014年3月1日
定価:1,800円+税

 

関連作品

  1. 「書棚から(私の印・第九集)中谷直彦作品集」中谷直彦

    書棚を整理していたら出てきた古い原稿束。 それは、なつかしい学生時代のレポート類であった。

  2. 「白衣と花と」横山 芳

    戦前・戦後と、48年の長きにわたり、看護婦として奮闘してきた著者。 人々とのふれあいや、自然への憧憬を綴った。

  3. 随筆・エッセイを作りたい方へ

    日々の生活の中の出来事を表現する随筆(エッセイ)。 フィクションの世界を構築する小説。 何をどう書いても自分の世界です。

ページ上部へ戻る