「永世不戦国日本へ 〜一通の手紙から〜」北出睦子

戦後生まれの著者が、現代の様々な状況を見て危惧する思いを記した。
あの戦争とは何だったのか、国とは、平和とは…。不安が現実にならないようにとの祈りを込めて書いた本。
電子書籍(Kindle)はAmazonにて100円で販売中。 http://amzn.asia/d/bEZKtZ9

発行:2015年4月10日
定価:600円+税
ISBN:978-4-9906688-6-0


新聞で紹介されました。

 

関連作品

  1. 「邪馬台国への道標」国津木嘉楽

    地元の石動山を道標にして、邪馬台国へ…。 石川県七尾市在住の著者が、大胆で楽しい説を展開する。

  2. 「戦中戦後の思い出集 ─隊員の手記─」松本弥助

    山砲兵第五十一聯隊第九中隊の隊員の手記。 子孫に再び戦争を体験させたくないという思いでつづった、貴重な体験記。

  3. 「東風に吹かれて」福野勝彦

    石川県の風土を取材したエッセイ集。 昔も今も変えてはならない自然と人の関わりを、混迷の平成に問いかける。

ページ上部へ戻る