「幼年期(私の印・第十集)中谷直彦歌集」中谷直彦

若い頃から短歌や俳句をたしなんできた著者。
近年は妻の介護に追われ、作歌もままならない日々の中で、ふと手にしたのは自身の幼少時代のなつかしいアルバムだった。
幼年期の思い出から現在の介護生活までを、素直につづった歌集。

発行:2012年2月20日
非売品

 

関連作品

  1. 「句集 虹二重」徳村二郎

    長年俳句を詠んできた著者の、4作目の句集。 前書きや説明を多くして、句の奥行きを深めている。

  2. 句集・歌集・詩集を作りたい方へ

    句集・歌集・詩集は、言葉をひとつひとつ選びぬいて作り上げていくもの。 自分の感性・メッセージが、そこに凝縮されています。

  3. 「詩集 流気(かぜ)になりたい」郁(ふみ)

    重い障害をもった女性の詩集。 苦しい時代の作品、前向きに生き始めてからの作品をまとめた。

  4. 「実生(みしょう)」松本一男

    田畠を耕している日常には、何時もその時々の実生との感動の出会いがある。 こうした思いを詠んだ歌集。

  5. 「歌集 朝日のように」中谷直彦

    柔和な、温かな作品が多数を占め、印象が前作と大きく変化。 家族への愛情を歌った作品が巧み。

  6. 「歌集 風の鳴る音」大坪邦子

    著者独自の視点をもって、自然や心象風景を描いた短歌の世界が広がる。 女性的でありながら、凛とした響きを持つ作品の数々。

お客様の声
よくある質問
無料相談
自分史講座

挨拶状印刷の専門店

あいさつ状ONLINE STORE

賞状印刷の専門店

賞状OnlineStore
ページ上部へ戻る