「歌編集 ふるさとのすみれに記るす」高畠一男

短歌一首につき、それにかかわるエッセイを載せたり、仲間からの寄稿文をまとめたりしている。
随所に挿し入れられた昔の歌なども、歌詞が凛として格好良い。
短歌を集めた部分では12月から構成。自分の作品だけでなく、仲間の作品や古人の作品からその月に縁のあるものを併記。

発行:1999年3月20日
非売品

 

関連作品

  1. 「句集 晴天」泉 紫像

    長年俳句を詠んできた著者の、3作目の句集。 第40回泉鏡花記念金沢市民文学賞受賞。

  2. 「逆光線 (私の印・第十一集)中谷直彦歌集」中谷直彦

    散歩をするときにデジタルカメラを手にするようになった著者。 花や風景などのスナップが、短歌の間にちりばめられている。

  3. 「実生」松本一男

    田畠を耕している日常には、何時もその時々の実生との感動の出会いがある。 こうした思いを詠んだ歌集。

ページ上部へ戻る