「日常 俳句にこめて 四季の詩」村濱すすみ

3才の孫娘の感覚に驚いた作者。孫娘と同じ目線で、いつも見ている風景を俳句にしようと思い立った。
さらに20年続けてきた英語で対訳となる英語詩も創作。英語の音節ひとつを一とし、五七五でまとめている。
表紙と挿絵は本人の手による水彩画で、全体を通して温かい雰囲気が伝わってくる。

発行:2010年12月30日
定価:500円

 

関連作品

  1. 「自選句集 雁」田中登美

    戦中戦後のさなか、青春時代に出会った俳句。 日記がわりの俳句で、当時の日々が生き生きと蘇る。

  2. 「歌集 海光」竹田与志雄

    離農の哀しさや、亡くなった奥様への愛情、色彩あざやかな四季折々の風物を、表現豊かに切々と歌い上げる。

  3. 「幸せのみちしるべ」紀伊國屋安詳(松田かこ・みやけひふみ)

    どう生きるかを考えるための道標(みちしるべ)。 編者二人が著者の言葉を選びイラストをつけて読みやすく編集した。

ページ上部へ戻る