「歌集 秋桜(コスモス)」永井紀恵子

長男誕生をきっかけに詠み始めた短歌。
新しい目で爽やかな風を心の中に吹かせたい、そんな思いが伝わる歌集。

発行:2001年3月1日
非売品

 

関連作品

  1. 「歌集 冬の海」樽見清松

    シベリア抑留や長男の遭難などの悲痛な体験。 その中にあっても「歌心」を忘れることなく詠み続けた歌をまとめた。

  2. 「Lovely Life」織田兼太朗

    著者が、自身のフェイスブックのページでつづってきたポエムをまとめた詩集。 前作から3年、コロナ禍で感じた1000日分の想い。

  3. 「歌集 朝日のように」中谷直彦

    柔和な、温かな作品が多数を占め、印象が前作と大きく変化。 家族への愛情を歌った作品が巧み。

ページ上部へ戻る