「歌集 冬の海」樽見清松

シベリア抑留や長男の遭難などの悲痛な体験。
その中にあっても「歌心」を忘れることなく詠み続けた歌を、米寿の記念にまとめた。

発行:2001年7月26日
非売品

 

関連作品

  1. 「詩集 風の理由」片口直紀

    時間というものを感覚するときわたしは風と風という言葉で、あるいは言葉と言葉という抽象で感触していたのかもしれない…

  2. 「歌集 流紋」山元二三子

    四季折々の川面の模様、天候や時間などによって川面の美しさが変わる。 書名通り、人生の流紋を捉えようと試みた歌集。

  3. 「歌集 風の鳴る音」大坪邦子

    著者独自の視点をもって、自然や心象風景を描いた短歌の世界が広がる。 女性的でありながら、凛とした響きを持つ作品の数々。

ページ上部へ戻る