「続・歩く影」櫻井省吾

海軍経理学校を志すも身体検査で不合格となり、四高への進学を経て社会へ羽ばたいていく姿が、いきいきと描かれている。
人生の中で、とくに昭和時代に焦点を絞った2作目。

発行:2002年8月1日
非売品

 

関連作品

  1. 「一本の大桐」的場定雄

    ある実業家の、恵まれない生い立ちから、事業の始まり、発展、そして斜陽。 家族史としても貴重な1冊。

  2. 「水干心旅」大津賀則男

    長年、下水道に関わる仕事に携わってきた著者。 失敗を恐れず切り開いてきた人生を、プロのライターが聴き取りで執筆した。

  3. 「いろぬき屋 ─川の畔の少年時代─」太田 收

    私の少年時代は、犀川の畔がすべての世界と言っても過言ではない─ 犀川の畔で過ごした少年時代の戦後の世相と思い出。

ページ上部へ戻る