「私が過ごした第三の人生 ~それでもこの世は美しい~」北山元昭

18年間開業していた医院を56才で廃業した著者。
全く別の人生を歩きたいと願い、気持ちを切り替えて〝第三の人生〟と称した別人生を過ごしてきた。
趣味の囲碁や家庭菜園、ペットとの暮らし、日々の思い出…。著者が自身の〝第三の人生〟を振り返り、まとめた。

発行:2012年4月20日
非売品

 

関連作品

  1. 「水干心旅」大津賀則男

    長年、下水道に関わる仕事に携わってきた著者。 失敗を恐れず切り開いてきた人生を、プロのライターが聴き取りで執筆した。

  2. 「捕虜専用病院悲話」越野民男

    医師であった筆者が、シベリアの捕虜専用病院に抑留されていた時の実話を物語ふうにまとめたもの。

  3. 「愛、祈り」西谷芳子

    知的障害を持つ2人の我が子の子育てを契機として、戦後障害児福祉に尽力してきた著者。 その健闘の日々の記録。

電話でのお問い合わせ 076-251-3076
問い合わせフォーム
お見積りフォーム
両親・祖父母へ贈る自分史
お客様の声
よくある質問
まめ知識
聴き取り原稿作成
無料相談
自分史講座
栄光書房チャンネル動画配信中
ページ上部へ戻る