,

「歩いて歩いて中山道 ─平成六十九次─」植松正之

前著「東海道だよっ!─平成五十三次─」に続き、今回は中山道を歩こうと思い立った著者。
日本橋をスタートし、歴史に思いを馳せながら街道歩きを続けた。軽快な文体でつづる旅日記。

発行:2016年3月1日
定価:1,800円+税
ISBN:978-4-9906688-8-4

 

関連作品

  1. 「続々々々・私の印 中谷直彦作文集」中谷直彦

    少年時代・青年時代のこと、自身のこだわり、家族との語らい。 作者の温かく優しい視点が素直に伝わる作文集、第5作。

  2. 「続々々・私の印 中谷直彦作文集」中谷直彦

    少年時代・青年時代のこと、自身のこだわり、家族との語らい。 作者の温かく優しい視点が素直に伝わる作文集、第4作。

  3. 「犬連れ登山日記」小林 椿

    ”幸せとは温かい仔犬のこと。” 仔犬を家族として迎え入れてから、幸せな生活が始まった。 愛犬とともに登山を楽しんだ日々の記録。

ページ上部へ戻る