「叫び (私の印・第十三集)中谷直彦歌集」中谷直彦

初心に返るという気持ちで、通信講座で短歌を勉強し直した著者。
妻の介護の日々や、心の内にある叫びなど、詠んだ短歌をテーマごとにまとめた。

発行:2015年10月10日
非売品

 

関連作品

  1. 「日常 俳句にこめて 四季の詩」村濱すすみ

    3才の孫娘の感覚に驚いた作者。孫娘と同じ目線で、いつも見ている風景を俳句にした。 対訳となる英語詩も創作した。

  2. 「句集 青山河」神保弥生

    17歳で俳句を始め、傘寿を迎えた著者。 俳句があったからこそ生き甲斐を持って元気に過ごせたと振り返る。

  3. 「歌集 冬の竹群」荒家信一

    旧国鉄の鉄道マンで新歌人社の荒家信一氏の遺歌集。 繊細な中にも鉄道マンらしい力強さと独特の視点が伺える作品。

ページ上部へ戻る