「叫び (私の印・第十三集)中谷直彦歌集」中谷直彦

初心に返るという気持ちで、通信講座で短歌を勉強し直した著者。
妻の介護の日々や、心の内にある叫びなど、詠んだ短歌をテーマごとにまとめた。

発行:2015年10月10日
非売品

 

関連作品

  1. 句集・歌集・詩集を作りたい方へ

    句集・歌集・詩集は、言葉をひとつひとつ選びぬいて作り上げていくもの。 自分の感性・メッセージが、そこに凝縮されています。

  2. 「歌編集 ふるさとのすみれに記るす」高畠一男

    短歌一首につき、それにかかわるエッセイを載せたり、仲間からの寄稿文をまとめたりしている。

  3. 「歌集 朝日のように」中谷直彦

    柔和な、温かな作品が多数を占め、印象が前作と大きく変化。 家族への愛情を歌った作品が巧み。

  4. 「春耕 中野すみ枝遺歌集」中野すみ枝

    48年間連れ添った妻を突然の事故で亡くした夫。 妻が長年趣味として続けていた短歌を遺歌集としてまとめた。

  5. 「歌集 海光」竹田与志雄

    離農の哀しさや、亡くなった奥様への愛情、色彩あざやかな四季折々の風物を、表現豊かに切々と歌い上げる。

  6. 「句集 山茶花」徳村二郎

    長年俳句を詠んできた著者の、5作目の句集。 主に後期の作品を選んで収録している。 色鮮やかな表紙の絵は娘によるもの。

「自費出版がよく分かる本」プレゼント
よくある質問
まめ知識
無料相談
自分史講座

挨拶状印刷の専門店

あいさつ状ONLINE STORE

賞状印刷の専門店

賞状OnlineStore
ページ上部へ戻る