「続々々・私の印 中谷直彦作文集」中谷直彦

少年時代・青年時代を振り返って書いたもの。
自分のこだわりを披露した章。家族との語らいの中で感じたこと。
作者の温かく優しい視点が素直に伝わる作文集、第4作。

発行:2006年7月1日
非売品

 

関連作品

  1. 「邪馬台国への道標」国津木嘉楽

    地元の石動山を道標にして、邪馬台国へ…。 石川県七尾市在住の著者が、大胆で楽しい説を展開する。

  2. 「のんびりゆったり三道中」植松正之

    旧街道歩きを楽しむ著者が、甲州道中・日光道中・奥州道中を歩く。 軽快な文体と、自身のスケッチも添えてつづる旅日記。

  3. 「ビートルズ・ミュージック 私見 」いわさきひでお

    1960年代に活動したイギリス出身のロックバンド、ビートルズ。 彼らの楽曲をさまざまな視点から解説した作品。

ページ上部へ戻る