,

「苦闘 帰国二年篇」越野民男

医師としての自身のシベリア抑留体験記を書き続けてきた筆者。
今回は小説という形で、主人公を元陸軍軍医・勝田重吉に設定し、シベリア抑留から帰国後の苦闘を描く。

発行:2015年1月20日
非売品

 

関連作品

  1. 「東風に吹かれて」福野勝彦

    石川県の風土を取材したエッセイ集。 昔も今も変えてはならない自然と人の関わりを、混迷の平成に問いかける。

  2. 「サンゴの森の迷宮」太田 收

    マンボウのトラさんが語る海の一大叙事詩… しかし、そこには太陽系の邪悪の力が乗り移った魔物が潜み、暗黒の世界を支配するサンゴの森の迷宮が。

  3. 「江戸っ子加賀鳶」笛木真作

    百万石大名前田家の加賀鳶と幕府定火消の臥煙との誇りと意地をかけた壮絶な消口争い! 生き生きと描かれる加賀鳶誕生秘話。

ページ上部へ戻る