「歌集 流紋」山元二三子

四季折々の川面の模様、雨、晴、雪など天候によるものや時間などによって川面の美しさが変わる。
川の深さや浅さによる流れの模様、底に何があろうと深い程ゆったりした川の表情。
書名通り、人生の毎日の、一瞬一瞬の美しさを、人生の流紋を捉えようと試みた歌集。
布クロス貼り上製本・箔押し・化粧箱入り。

発行:1998年3月20日
非売品

 

関連作品

  1. 「句集 晴天」泉 紫像

    長年俳句を詠んできた著者の、3作目の句集。 第40回泉鏡花記念金沢市民文学賞受賞。

  2. 「句集 青山河」神保弥生

    17歳で俳句を始め、傘寿を迎えた著者。 俳句があったからこそ生き甲斐を持って元気に過ごせたと振り返る。

  3. 「自選句集 雁」田中登美

    戦中戦後のさなか、青春時代に出会った俳句。 日記がわりの俳句で、当時の日々が生き生きと蘇る。

ページ上部へ戻る