「歌集 朝日のように」中谷直彦

柔和な、温かな作品が多数を占め、印象が前作と大きく変化。前作との読み比べも興味深い。
家族への愛情を歌った作品が巧みで、メッセージ性に富む。
また自分の心情を印象的に歌いあげ、家持を彷彿とさせるような作品も数多く載せられている。

発行:1998年10月20日
非売品

 

関連作品

  1. 「歌集 流紋」山元二三子

    四季折々の川面の模様、天候や時間などによって川面の美しさが変わる。 書名通り、人生の流紋を捉えようと試みた歌集。

  2. 「幼年期(私の印・第十集)中谷直彦歌集」中谷直彦

    忙しい日々の中、ふと手にしたのはなつかしいアルバムだった。 幼年期の思い出や現在の介護生活をつづった歌集。

  3. 「歌集 秋桜(コスモス)」永井紀恵子

    長男誕生をきっかけに詠み始めた短歌。 新しい目で爽やかな風を心の中に吹かせたい、そんな思いが伝わる歌集。

ページ上部へ戻る