「老のつぶやき (私の印・第八集)中谷直彦歌集」中谷直彦

前作歌集「朝日のように」から13年。
長年、作歌からは遠ざかっていたが、ある日突然「短歌」のようなものが湧いて来て、日記帳に記し始めた。
形式にこだわらず、自由闊達に詠んだ短歌をまとめた作品。

発行:2011年9月20日
非売品

 

関連作品

  1. 「歌集 風の鳴る音」大坪邦子

    著者独自の視点をもって、自然や心象風景を描いた短歌の世界が広がる。 女性的でありながら、凛とした響きを持つ作品の数々。

  2. 「実生」松本一男

    田畠を耕している日常には、何時もその時々の実生との感動の出会いがある。 こうした思いを詠んだ歌集。

  3. 「秤の手のひら」杉本省邦

ページ上部へ戻る